CROSS to YOU. » sport » 側転

回転物語

きみから伸びた白いラインが 行き先を教えてる。
きみはくすんだ空色の床に立ち、これから世界を逆さにするところ。
いかるえみがにな

定規よりまっすぐの右腕が ゆきずりに襲われる。
きみは腐った世界の上に立ち、これから天地をひっくり返す。
いかるえみがにな

シタン シタン 何回転いける?
したい したい 何回でもしたい
宇宙人が現れて言いました
伸ばしてあげる 白いライン きみの目から先へどこまでも

宇宙まで伸びた白いラインで 幻を思い出す。
きみは寝起きの仕草で鏡を見て、これから悲鳴をあげるだろう。
まさかさがいかせ

宇宙でまっすぐのきみの世界は ゆきすぎて壊れてる。
きみはぐずった ほら行けない、でも、壊れた上下を歩くところ。
まさかさがいかせ

シタン シタン 何回転いける?
したい したい 何回でもしたい
悪魔が現れて言いました
つぶしてあげる 白いライン きみの体の大きさだけに

宇宙から帰った両足が ゆきさきを探してる。 きみはくすぐったい足の裏床につけ これからラインをひくところ

つな缶。 / とびたつな