CROSS to YOU. » fruit » 枇杷

枇杷月

幼い頃を思い出す
青々とした命に溢れた場所を
はしゃぐオレを優しく見つめた祖母の瞳を
祖母と暮らしたあの初夏の思い出
川のせせらぎを耳に受け
爽やかな風を受け走り回った
大きなクヌギにクワガタを見つけ
セミの合唱にもうきうきとし
川では魚を追いかけた・・・
今の子が知らぬ子供の世界
疲れたら縁側で寝ていた
庭に生えた優しい木の葉が
優しく陽光を遮り
オレに優しい場所を与えてくれた
木々の葉の揺れる音が子守唄だった
サラサラと心地よく
そんな世界に包まれていた
遊びつかれたオレは
甘い甘い贈り物を食べる
庭の木々がオレにくれた宝物
祖母はやさしく笑いながら
その種が実る頃には立派な大人になっているね
オレに優しく唯々やさしく笑いかけてた

初夏の兆しが来る頃に
オレは我が子を連れて行こう
思い出残るあの山に
オレが残したあの種が
我が子に優しくあるようにと
オレンジ色の宝物が
立派な木々にあるようにと
そんな風に思えた初夏の月
優しい薄オレンジの月光

夢工房夢月堂 / 姫新翔