きらきら

グシャグシャグシャ。





ガコン。








放物線を描いた紙クズは

ゴミ箱の中へ消えた。



上手く書けない。





諦めて布団に潜る。

まぶたを閉じて顔を枕に押し付けた。

次第にまぶたの内側で波紋が広がり

赤から緑、そして青へと色を変え

また模様を変え現れる。

次第に痛みを覚えて、枕から顔を離す。


眠れない。




そっと机に戻りペンを取る。

1度大きく息を吸い込んで吐き出す。

真剣に1画1画を紙に乗せていく。



カリ、カリ、カリ



紙の上へと文字を乗せる音。

1字、1行ごとに止まり息を吸い込んでまた吐き出す。

そしてまた1画1画を乗せていく。



カリカリ・・・



慣れたものだ。

今日はこれで何度目だろうか。

10回は書いた。

そのたびにゴミ箱へ投げ入れた。

書けないと諦めた。

でも書かなければならない衝動が沸いた。





カリカリカリカリ・・・カリカリカリ



不安。

そしてそれを揺るがす希望。





カリカリカリ・・・



恐怖。

そしてそれを乗り越えようとする決意。





カリカリ・・・カリカリ








そんな葛藤を超えて


カリカリカリカリ・・・トン。





1枚の紙にすべてを乗せ終えた。

慎重に折り、封へと入れた。







布団に潜り、我慢していたように息を大きく吐き出す。

やり遂げた達成感でガッツポーズした。

ゆっくりまぶたを閉じて、顔を枕に押し付ける。

まぶたの内側に広がる模様を追うことなく眠りに落ちた。












朝。





いつもより早く目が覚めて

机の上に目をやった。

綺麗な便箋があった。


手に取り、希望に胸を躍らせて

中身を取り出し、目を通す。












----------------------------------------------------------------

----------------------------------------------------------------
 西河ゆかりさんへ
----------------------------------------------------------------

----------------------------------------------------------------
 畑中です。突然の手紙でごめんなさい。
----------------------------------------------------------------
 どうしても伝えたい事があって、今これを書いています。
----------------------------------------------------------------

----------------------------------------------------------------
 去年の4月に西河さんと出会ってから
----------------------------------------------------------------
 ずっと西河さんの事が好きでした。大好きです。大大大好きです!
----------------------------------------------------------------
 もし良かったら、僕と付き合ってください。
----------------------------------------------------------------

----------------------------------------------------------------
 よろしくお願いします。
----------------------------------------------------------------
                       畑中 一騎
----------------------------------------------------------------

----------------------------------------------------------------















グシャグシャグシャ!グッシャグシャグシャ!







ガン。














全力投球で直線を描いた紙クズは

ゴミ箱にぶつかって落ちた。



そのゴミ箱へと籠められた想いは

暗い夜だからこそ輝いていた。

明るい朝には眩し過ぎて

僕には直視出来なかった。


ただ1通のみ

そのゴミ箱に籠められなかった想いを拾い

もう1度、広げようとして辞めた。

そっと、ゴミ箱へ届けてから

僕はいつもより随分早く学校へと向かった。

走った。泣きそうなくらい恥ずかしかった。





なんだアレは!





なんなんだアレは!!








そう自分を問い詰めながら

全力で走った。




ゴミ箱の中はきらきらと輝いていた。

POSITISM / しのめん